社労士の仕事

社労士試験合格後の進路としては、①一般企業への就職、②社労士事務所への就職、③独立・開業という、大きく分けて3つのパターンがあり、それぞれで働き方も仕事内容も異なってくるわけですが、このページではまず、3つのパターンにおおむね共通する、社労士の基本的な仕事について確認しておきたいと思います。

社労士の仕事については、社会保険労務士法という法律の第二条第一項の各号にきちんと定められていて、社労士の世界では、その号数に応じて「一号業務」「二号業務」「三号業務」という呼び方をしています。

まず「一号業務」として定められている社労士の仕事は、労働社会保険諸法令に基づく申請書等の作成・提出代行・事務代理。そして「二号業務」として定められている社労士の仕事は、労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成です。

これだけでは、イメージが湧かないと思いますので、具体例で説明します。
たとえば、クライアント企業が社員を採用したとします。すると早速、社労士の出番で、「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」という書類を作成して、管轄の社会保険事務所に提出します。社員を採用した場合には、健康保険・厚生年金だけでなく雇用保険にも加入する必要があるので、「雇用保険被保険者資格取得届」も併せて作成し、こちらは公共職業安定所に提出します。
このような書類の作成ならびに手続き代理業務というのが、まずは社労士のメインの仕事のひとつになってきます。

ちなみに、この「一号業務」「二号業務」というのは、社労士の独占業務とされています。つまり、社労士でなければ行うことができません。こうした独占業務があるからこそ、企業は社労士に仕事を依頼する、あるいは社労士資格を持った社員を厚遇する傾向にあるわけです。

そして、社労士の仕事としてもうひとつ定められている「三号業務」というのは、人事労務や社会保険に関する相談・指導業務。言うなれば、コンサルティング業務のことです。
かつての社労士と言えば、労働・社会保険手続きの代行屋のイメージが強かったのですが、最近では、こちらのコンサルタントとしての仕事がより注目されるようになってきています。