資格の活かし方(一般企業)

社労士試験合格後の進路としては、①一般企業への就職、②社労士事務所への就職、③独立・開業という、大きく分けて3つのパターンがあります。
このページでは、「①一般企業への就職」について見ていきたいと思います。

社労士試験に合格したなら、独立・開業を目指すのが当たり前。経験を積むために社労士事務所に就職・転職するならまだしも、一般企業に就職・転職するなんて、せっかくの社労士資格がもったいないと考える人もいるかもしれませんが、それは大きな誤解です。
一般企業でも社労士資格は大いに活用することができますし、また実際に、企業内社労士として活躍している人も大勢存在します。

社労士の仕事には、労働社会保険諸法令に基づく書類や帳簿の作成・提出代行・事務代理、そして人事労務および社会保険分野におけるコンサルティングなどがありますが、企業内社労士の仕事としてまず考えられるのは、書類や帳簿の作成などでしょう。
具体的には「労働社会保険の手続き」「労働保険の年度更新」「社会保険の算定基礎届」「給与計算」などが、それに該当します。

そうした事務作業だけでなく、よりコンサルティング業務寄りの仕事、たとえば「就業規則の作成・変更」「賃金制度の設計」「安全衛生や福利厚生に関する助言・指導」などにも、もちろん携わることができます。

開業社労士と異なる、企業内社労士のいちばんの特徴は「会社員であること」です。
そのため、開業社労士と比べて安定した収入を得ることができますし、会社員としての福利厚生も当然受けることができます。また、仕事の仕方に関しても、ワンマンプレーが中心の開業社労士とは対照的に、企業内社労士はチームプレーが中心になります。

企業内社労士のデメリットを敢えて挙げるとすれば、あくまでも会社員という立場なので、純然たる社労士業務だけでなく、その他の仕事もしなければならないことでしょうか。

企業内社労士については、その企業の総務部や人事部に在籍している人がスキルアップの一環として資格を取得するケースが多い一方で、まったく別の部署の人が資格取得を機に、総務部や人事部への異動を願い出るといったケースもあります。
もちろん、部署異動だけでなく転職を目指すうえでも、社労士資格は大きな武器になってきます。