資格の活かし方(社労士事務所)

社労士試験合格後の進路としては、①一般企業への就職、②社労士事務所への就職、③独立・開業という、大きく分けて3つのパターンがあります。
このページでは、「②社労士事務所への就職」について見ていきたいと思います。

一般企業に勤務する企業内社労士と開業社労士には、それぞれにメリット・デメリットがあります。
企業内社労士のメリットは、会社員であるため収入や待遇が安定していること。開業社労士のメリットは、社労士業務のみを行えることです。反対に企業内社労士のデメリットは、会社員であるため社労士業務以外の仕事もしなければならないこと。開業社労士のデメリットは、十分な収入を得られない可能性があることです。

さて、ここで取り上げる「②社労士事務所への就職」は、企業内社労士と開業社労士両方のメリットを享受できる方法だと、まずは言うことができます。
社労士事務所に勤務する社労士というのは、あくまでも事務所の所員ですので、毎月決まった額の給料をもらうことができます。それでいて仕事内容は、社労士事務所ですので、社労士業務が中心となります。

企業内社労士であったとしても、さまざまな社労士業務に携わることは可能ですが、しかしその範囲は限定的とならざるを得ません。しかも最近では、たとえば給与計算業務などに関しても、社内で行うのではなく、外部にアウトソーシングしてしまう会社が増えています。その意味では、今は社内に社労士としての仕事があったとしても、将来も継続してある保証はありません。

「会社員としての安定はほしい。でも、社労士資格も存分に活かしたい」という欲張りな人は、企業内社労士よりも、社労士事務所の勤務社労士を目指すのが得策でしょう。

さらに、社労士事務所の勤務社労士として経験を積むことで、社労士としてのスキルはもとより、社労士事務所運営のノウハウも身につけることができます。
たとえ今は、独立・開業を考えていなかったとしても、そうした選択肢を広げて確保しておくという意味でも、社労士事務所への就職はおすすめです。もちろん、独立・開業を既に志している人が修行のために、まずは社労士事務所に就職するというのも、とても賢い選択だと思います。