資格の活かし方(独立・開業)

社労士試験合格後の進路としては、①一般企業への就職、②社労士事務所への就職、③独立・開業という、大きく分けて3つのパターンがあります。
このページでは、「③独立・開業」について見ていきたいと思います。

一般企業に勤務する企業内社労士、社労士事務所に勤務する勤務社労士どちらも「安定」という点では魅力的な選択肢ではありますが、しかし、せっかく難関と言われる社労士試験に合格したのですから、一度は「独立・開業」の道も検討したいものです。

さて開業社労士は、誰を顧客にするかによって、2つのタイプに分けることができます。
ひとつめのタイプは、企業を顧客にする社労士で、たとえば顧問社労士といった形で、顧客企業の給与計算をしたり、労働社会保険諸法令に基づく書類・帳簿を作成したり、人事労務関係の相談に乗ったりします。おそらくは、皆さんが想像する開業社労士というのは、こちらのタイプではないでしょうか。

開業社労士のもうひとつのタイプは、個人を顧客にする社労士です。
たとえば、年金の申請に関する複雑な手続きを、本人の代理人として行うことを生業としている社労士などがこれに該当します。
また「特定社労士とは」のページで紹介した特定社労士になって、労働者側の代理人として、和解の交渉にあたるといった業務も考えられます。

顧客が企業であるにせよ個人であるにせよ、開業社労士の仕事は、決まったメニューの中からどれかを選んでもらうようなものではない、というのは確かです。
顧客の話をよく聞いたうえで、各企業・個人の実情や要望に即したオーダーメイドのサービスを提供するという意味において、とりわけ開業社労士にはコンサルティングスキルが求められます。

また開業社労士の中には、いわゆる一号~三号業務だけでなく、社員研修の講師業、資格の学校での受験指導、あるいは書籍の執筆などを手掛けている人もいて、努力やアイデア次第で活躍のフィールドを大きく広げることができる点も大きな魅力のひとつになっています。

上から指示されたことをコツコツこなすことが得意・好きな人は企業内社労士や勤務社労士に、逆に自ら考えて率先して動くことが得意・好きな人は開業社労士に向いていると言えるでしょう。