社労士と得意分野

士業には「得意分野」が必要だと言われます。
確かに、相談者の心理からすると、「何でもできます」という先生よりも、「何々が得意・専門です」という先生の方に依頼したくなるのが常です。

しかし、殊に社労士に限った場合、「得意分野」や「専門分野」の類は本当に必要なのでしょうか?

これが、同じ士業でも、たとえば行政書士の場合ですと、「絶対に必要!」と言い切ることができます。というのも、行政書士が取り扱う書類は1万種類を超えるとも言われる通り、その業務範囲が、ひとりでは到底カバーできないくらいに広いことが理由のひとつ。
また各分野の内容も、建設・産廃、運輸・交通、遺言・相続、外国人在留資格といった具合にバラエティに富んでいるため、「あれもこれも」というよりは、専門性を打ち出した方が営業上有利という側面もあります。

翻って、社労士はどうでしょうか?

まず社労士の業務範囲は、大きく分けて「労働保険」分野と「社会保険」分野の2つです。しかも、この2つはまったくの異分野というわけではありませんし、またどちらも総務部・人事部の案件ということで顧客ターゲットも共通しています。
であれば、敢えて専門性を打ち出すよりは、「どちらもできます」と謳った方が、多くの顧客に訴求することができるのではないでしょうか。

次に就職・転職の観点から考えてみます。
確かに開業社労士の場合には、専門性を打ち出して自己をブランディングする戦略も有効です。しかし、一般企業の総務部や人事部に就職・転職する際には、特定の分野のスペシャリストよりもオールラウンダーの方が有利。それは、採用する側の立場に立ってみれば明らかです。

また、一般企業ではなく社労士事務所に就職・転職する際にも同じことが言えます。やはりオールラウンダーの方が、事務所の側からすればいろいろな案件を任せることができるぶん使い勝手が良く、重宝されるはずです。

「得意分野」を持つこと自体を否定するわけではありません。すべてこなせて、さらに「得意分野」もあるのなら、それに越したことはありません。
しかし専門性を打ち出すあまり、他の分野の知識やスキルが疎かになるくらいなら、すべてを卒なくこなせる社労士の方が、特に就職・転職の観点に立てば有利と言えるでしょう。